« 西山さんのCD | Main | 新築計画 »

January 28, 2005

汎用性プラスアルファ

昨日西山さんのCDの話を書きましたが
共感した話を、(沢山ありますが)もう一つ

西山さんがCDの中で お父さんが亡くなる前に
自分たちの家族が使いやすい設計で

1Fは 喫茶店、フラワーショップ、そして二階には
お父さんのライフワークのダンスホールを
併せた建物を建設された話をされてました。

その後その建物にテナント付けするのに苦労され
勉強された様子を話されてます。
そこで使った手法を他の物件に使用すると
一発でテナントが決まるのに
その物件だけは決まらない・・・
(そこでノウハウの蓄積をしていくわけですが・・)

そこで、西山さんは
「建物には汎用性が大切だ!!」
としみじみ言っています。

実は私にも同じような経験があります。
(私はテナント付けの努力は皆無でしたが)
大正時代の賃貸物件の他に
大きな倉庫を家業で使用していたのですが
家業を廃業したため、その倉庫の固定資産税も
結構な金額だったため、(年20万くらいでした)
賃貸に回そうとしました。

最初はオーソドックスに倉庫の窓に張り紙です。
口コミも当然使いました。しかし・・
まったく、田舎のため簡単にテナントが見つかりません。

しばらくして、月5万で借りてくれる人が見つかりました
約半年で滞納が重なり結局2ヶ月分家賃を取りそこない
出ていただきました。

それから、2ヶ月だけ商品を置かせてくれとか
半年だけ貸して・・などポツポツと話はくるのですが
長く借りてくれる人が現れません。
年間の収支は固定資産税を払って、手残りわずかです。

どうにかしないと、修繕費もでないぞと 
自分で商売として使えないものか考えました
冬の間使わないもの預かる貸し倉庫業とか・・
室内ゴルフ練習場とか、・・・
考えているうちに何をするにも半端な倉庫だと気付きました
場所さえ良ければ借り手はいたでしょう。(事務所つきでしたので)
もう少し、小さくて維持費がかからないものならスグに売れたでしょう。
しかし、営業するにはへんぴな場所です。

それから、借り手がつかないまま4年後に
安いなら買うという方が現れ、土地代にもならない値段で売却しました。
結果的に良い処分だったとおもいます。

西山さんが建物の汎用性を言っていましたが
私の場合は場所の汎用性?って所でしょうか?

アパートを買うなら人の多い所、将来売却できるような
立地にあるものでなければ駄目だな~と


あと、西山さんは偉いな~と感心した部分あります
西山さんはその汎用性の無い建物を
実に旨く処分するのですが
(この辺は実際CDを聞いてください)
私なら最初のオファーにスグに乗ってしまうな~
絶対と思いました。(爆笑)


|

« 西山さんのCD | Main | 新築計画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 汎用性プラスアルファ:

« 西山さんのCD | Main | 新築計画 »