« 近所の不動産投資家 | Main | 物件オファー »

March 18, 2005

近所の不動産投資家その2

もう一人、私が注目している大家さんがいます。
この方は、以前は街角の家電ショップを経営されていて
20年以上前の景気の良い頃にアパートを3棟建築して
家業との兼業大屋さんだったと記憶しています。

それから、街角家電ショップは時代の波により、廃業されたようです。
現在はその古いアパートを年金をもらって生活されているような
大工さんを格安で使って手直しをし、古いながらも満室経営をされています。

その1で紹介した資産家のアパートとは究極的に正反対で
物件は物凄く古く、設備も古いままで、付け足しのリフォームで
私はとても住む気にならない仕様なのですが
家賃設定が安のでしょうか、不思議な事に満室経営をしています。

さらに、持ち主が死亡して、相続人が地元にいないような一戸建てを
任意売却で仕入れたものを、先の年金暮らしの大工さんを使って
最低リフォームし貸し出ししてます。
また、同じく、地元を離れ転出される方の任意売却の物件を買ったり
(一軒家の賃貸物件は少ないのでこれもスグに入居が決まります。)

電電公社がNTTに変わって必要の無くなった
築25年以上の社宅を払い下げや入札で土地値で購入し
平屋だった建物に二階を増築し貸し出ししたり
(これもセミリタイヤ大工さんを使って格安で増築リフォーム)

不景気の波で出てきた
銀行社宅の払い下げ、事業所撤退の払い下げ社宅の購入を積極的にされていました

最近は生保の事業所が統廃合で撤退した事務所を格安購入し
大きな事務所を4事務所に貸せるように改築したりと
町の不良債権を積極的に購入されているようです。

私の町は年々人口流出が続き、少子高齢化も顕著です。
積極的には投資する環境ではありません。
私も、地元に新築のアパートを建設する気にはなれません。

そんな中で、古くはありますが、格安で物件を着々と増やし
セミリタイヤの大工さんを使い、資産を増やすやり方は
ニッチな方法ではありますが投資リターンの大きな物件を作る
やり方ではないかと思います。

しかし、だれでも出来る方法ではありません、この方の経験や
投資スキルがあって初めて出来る方法だと思います。
なにせ、見た目が古かったり、ボロかったりと
一般的に言ってよい物件ではないのですから・・

でも、不思議な事にほとんど満室です。

あと この方も、何時見ても、汚い作業着で年金暮らしの
おじいさんをつれて、物件の錆び落としや、補修をしています。

|

« 近所の不動産投資家 | Main | 物件オファー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 近所の不動産投資家その2:

« 近所の不動産投資家 | Main | 物件オファー »