« 地方物件の融資稟議結果 | Main | ぶっ飛びの面白いセミナーCD »

June 01, 2005

昨年が底だったのかな?

邱永漢さんが本の中で 
「相場は猫の睾丸と同じで通り過ぎて見なければ解らない」
と言っていましたが(ホントに書いていたかな~)

昨年を振り返って見ると やはり昨年が札幌市のアパート用地の底だった可能性があります
2~3年前の物件情報では 築15年で利回り14%では見向きもしませんでした

また、昨年は私の新築が12.8% 妹夫婦の新築も11.7%と
かなり良い条件で新築できました。

しかし、今年に入って 一般に出回る情報では(私は一般に出てない情報で建てましたが)
利回りが木造でも立地が良ければ8%前半のものがちらほらと出ています。

驚く事に築15年のRCでも10%などと言っています。
築15年木造でも12%なんですよ・・ ちょっと高すぎです。

しかし、どんな時でも あるもんなんですね。良い物件って

最近知り合った若い大家さん(30歳)は

こんなヒート気味の中、今年の3月に
相続失敗がらみの築6年利回り15%の大型物件を任意売却で購入されたと 聞きました
融資付けでは物凄い行動力を発揮されたそうです。
もちろん苦労もしたと思いますが その行動力と判断力は驚愕ですね。

「チャンスの神様は前髪が3本しか生えていない、やって来たと思ったらすぐに
髪の毛を捕まえなければ 通り過ぎた後では捕まえる事は出来ない」

まさに、彼は地で行ってました。

私・・? 私の頭ですか・・?  チャンスの神様よりはありますが

それに 近くなって        来ています トホホホ


|

« 地方物件の融資稟議結果 | Main | ぶっ飛びの面白いセミナーCD »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 昨年が底だったのかな?:

« 地方物件の融資稟議結果 | Main | ぶっ飛びの面白いセミナーCD »